西出水産のこだわり

最高の素材を求めて

灰干さんまの最高の素材を求めて(美味しい干物のために)

最高のさんまは北海道にある

さんまが北に上がり、最高のエサを胃袋一杯に食べるのが8月

それが脂に代わって蓄えられるのが9月の上旬~10月初頭

下り始める直前の一番脂の乗った最高の秋刀魚だけを選ぶ

それを見極めるのが目利きの目

最高の灰干しさんまのための素材

北海道の漁港

さんま(秋刀魚)は6月ごろから北上し、オキアミなどたっぷり飽食して脂を蓄えます。8月下旬~9月上旬頃、北海道の東沖から三陸沖、房総沖へと産卵回遊のために南下して行きます。

シーズン初旬の秋刀魚はまだまだこれから脂を蓄えるために胃袋には食べたばかりの餌(主にオキアミ)がいっぱい詰まっています。
この時期のさんま(秋刀魚)は重さはあるのですが脂は乗っていません。だから「灰干さんま(灰干しさんま)」の素材には使いません。それに食べた餌が胃袋にいっぱいに詰まっているから傷みも早いのです。

最高の時期の素材

最高の時期の秋刀魚

このいっぱいに詰まった餌が脂に代わって蓄えられるのが9月の上旬~10月初頭なのです。つまり秋刀魚の本当の旬は9月中旬から10月頭まで。
その後はたっぷり溜めた脂を使いながら産卵のために南下し始めます。だから、10月後半から11月になるともうシーズンも終わり。

西出水産が「灰干さんま(灰干しさんま)」に使うさんま(秋刀魚)は9月上旬、たっぷり食べた餌を脂に蓄え、まさにこれから南下を始める直前の北海道東沖のさんま(秋刀魚)。つまり、一番最高の時期と状態のさんま(秋刀魚)を使っているのです。


社長自らが現地に行って厳選する

北海道の秋刀魚のセリの様子

さらにその最高のさんま(秋刀魚)の中から目利きの社長自らが厳選したものだけを選びます。
そうして選び抜いた最高のさんま(秋刀魚)を1年分まとめ買い。それを冷凍保存しているので常に最高のさんまを「灰干さんま(灰干しさんま)」の素材として使えるわけです。

お買物はこちらから

西出水産のこだわり「灰干しさんま」
アジ、サバ、セット商品などの灰干し干物
灰干しさんま商品一覧クイックカート

Contents

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

商品カテゴリ

ページトップへ